飛び降り自殺 日テレ・大杉アナを襲った「線維筋痛症」・国内・海外・芸能・タレント・アイドル・エンターティメント・地域情報など、様々なジャンルの情報を独自の切込みでレビューしていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び降り自殺 日テレ・大杉アナを襲った「線維筋痛症」


2日午前6時半ごろ、東京都渋谷区広尾の自宅マンションから飛び降り自殺した日本テレビの女性アナウンサー大杉君枝さん(43=旧姓鈴木)。転落した現場は8階建ての超高級マンションで、大杉さんは最上階の自室のベランダから飛び降りたとみられる。03年10月に東大卒で10歳年下の電通マンと再婚し、昨年10月に男児を出産。現在は育児休業中だったが、出産後に病気にかかり悩んでいたという。
「大杉さんがかかったのは、線維筋痛症という難病です。全国に200万人くらいの患者がいると推測されていますが、体のあちこちが慢性的に痛む病気で、ひどくなると髪に触れただけでも激痛が走るようになり、寝たきりになってしまうこともある。痛みで眠れず、ストレスがたまり、うつ状態で苦しむ人も多い。いまのところ原因は解明されておらず、特効薬もありません」(都内の内科医)

大杉さんは87年に日本テレビに入社し、「所さんの目がテン!」「ルンルン朝6生情報」などに出演。明るいキャラクターでお茶の間に親しまれてきた。

日本テレビ総合広報部は「アナウンサーとして、今後さらなる飛躍が期待される中での突然の悲報に驚いている。心よりご冥福をお祈り申し上げる」とコメントしている。

(引用:ライブドアニュース)

治療方法も特効薬も無いとなると悲惨ですよね・・
スポンサーサイト
Copyright © 気になる芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。