早稲田 松竹・国内・海外・芸能・タレント・アイドル・エンターティメント・地域情報など、様々なジャンルの情報を独自の切込みでレビューしていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田 松竹


高校生活が不安で仕方がありません。
高校生活が不安で仕方がありません。高校生活が不安で仕方がありません。別にいじめられているとか友達がいないというわけではなく、ただ単に「勉強」についてです。うちの学校は私立で、普通と特進に分かれています。1年生の時、いい成績をとっていれば2年生進級時に特進にあがることができます無論自分は普通科です。私の親は父親はすごく優しく、その祖父母も私にとって神のような存在でしたそれと対照的なのが母親です。感情的でおまけに学力重視。はっきりいって嫌いです。小5の時、ついに親が離婚しました運の悪いことに母親に引き取られました。そこで初めて母方の家系を目の当たりにしたのですが、やっぱり子は親に似るものだと改めて実感しました。母方の祖父は「世の中すべては知力」とでも言いそうなほど勉強の亡者でしたいっつもいっつも、私が頭の悪いことについて皮肉やいやみを言ってきます母の妹、つまり叔母は慶応大学出身の元キャリアウーマンです。しかし母方家系で唯一普通の人で、いつも優しくしてくれて、私にとって憧れの母親像でした問題なのはその夫、私の叔父に相当する人です早稲田出身の某大手証券会社のエリート係長です小2の時知り合ったのですが、してくるのは勉強の話ばっかりで、ろくに遊んでもくれませんでした。さらに中学生になると、いつも来るたびに、大学(慶応、早稲田といった一流校)に入るためにはなどといった本を読まされましたそんな家族に見守られながら無事高校受験成功しましたしかしやはり親としては特進科に入れなかったのが気に食わないらしく、入学式の帰りに「お前は2年生になったら特進科に入れ、そのために勉強しろ」といわれました私は、自分の夢を持ち、自分のやりたい道に進みたいと思って生きてきましたしかし最近、どうも自分は親の人形のような存在になってるような気がしてきました。それでも最近、やっとわかってもらえたようで、大学に入れば早稲田や慶応じゃなくてもよくなりましたしかし、高校になってから赤点の存在がでてきて、特進科に上がるとかそれ以前にそれが心配でしかたありません。 自分は、高校生活はもっと楽しいものだと思っていましたしかしこのままいくと自分の高校生活は、なんの楽しみもない勉強に追われる日々が待っていますそのため部活にも入らないつもりです高校生活ってこれが普通なのでしょうか?(続きを読む)


胡主席、早稲田大で愛ちゃんと卓球
デイリースポーツ
早稲田大で講演を終えた胡主席は八日夕、同大構内で福原愛選手や中国の五輪金メダリスト、王楠選手と卓球を楽しんだ。 福原選手と行った八回のラリーの結果は五対三で胡主席の“勝利”。観戦していた福田康夫首相は「私はやらなくて良かった。非常に戦略的な卓球だった」と ...(続きを読む)


早稲田 松竹
やつ、ああ見えて早稲田あたりを出て教員免許もあるらしいので、別の需要があるのだな。最近の日本はクイズ番組が多いので、ギャップのある彼はそこそこ使われている。最近のお笑いの人って、結構高学歴よ。京大出もいる。ラサール石井あたりからか? ...(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 気になる芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。