折りたたみ自転車・国内・海外・芸能・タレント・アイドル・エンターティメント・地域情報など、様々なジャンルの情報を独自の切込みでレビューしていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折りたたみ自転車


ママ待望の3人乗り自転車開発 ふらつき克服へ業者全力
法律で禁止されてきた自転車に子どもを2人乗せる「3人乗り」について、安全な自転車を開発するよう警察庁が自転車業界に依頼した。子育てママ(パパ)が子ども2人を乗せても安全な自転車は、いつごろ発売されるのか。日ごろ3人乗りで走っている親たち ...(続きを読む)


30代の女性ライダーです。もう疲れました。18で免許を取って以来、とにかくオー...
30代の女性ライダーです。もう疲れました。18で免許を取って以来、とにかくオートバイが好きで好きで、頭の中はバイクの事ばかり。今でも好きですよ。何もかも犠牲にして、1200をカスタムしてツーリングや峠で遊んでいます。ところが最近変化が出て来ました。と云うのは、ツーリングしていても面白くないのです。トロイ車を抜いても次から次と動くシケインが際限なく私の行く手を遮ります。やっとの思いで素敵な峠(わたし好みの)に辿り着いて、「おりゃ~」とやっても一番おいしいコーナーにファミリーカーが・・・・・ややストレスを感じながら帰路に着くと、なぜか赤い旗を振ってるオジサンがこっちに来いと。25km/hオーバーらしいです。違反の自覚ゼロ。何が悪いの!この誰もいない田舎道で?「女だてらに」「マル走のレディースか?」余計なこと言わんでよろしい!家に近い交差点で止まっていると、頭悪そうなでかいだけのスクーターのクソガキがニヤニヤとずーとこっちを見ている。気色悪い!こんなのに限って、必死で付いて来ようとする。「頼むから死んでください!」疲れきって帰宅。バイクを降りるとやっぱりバイクはセクシーで頼もしく、誇らしい。「死んでも手放さない」と思う。ストレスを癒やしてくれていたバイクツーリングが、私のストレスを増幅しています。最近は自転車がお気に入りで、(ロードタイプ、イタリア製らしい)よく乗っています。でもバイクに跨って、火を入れると、制御しきれない自分がそこに居ます。これからどう生きるのが?て言うかバイクとどう接するのが良いでしょうか?(続きを読む)


ドクター・中松氏が4人乗り自転車発表
日刊スポーツ
6歳未満の幼児2人を乗せた自転車の3人乗りについて警察庁が容認の方向で検討している問題で、発明家ドクター・中松氏(79)が6日、安全な4人乗り ...(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 気になる芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。